菅家旅館 ~ボストン本店~
ボストン近郊の町にある、小さな小さなお宿でのお話。女将のナオコが、お料理の事や周辺の観光スポット、日々の生活等をふんわりと語ります。
ボストンの時刻と天候

只今、こちらは

Click for Boston, Massachusetts Forecast

            でございます。



来館者人数

貴方は、当旅館をご利用下さった

          人目のお客様です。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「別れの季節」の巻

皆様、こんばんは。

今夜は久々にパソコンのご機嫌が良いため、ブログの更新をいたしております。
そうは言っても、”Y”や”H”のキーの反応が悪かったり、それが一転、一度タッチしただけで、”yyyyy”なんて表記になってしまったりと、まともではないのは確か。
本格的に壊れてしまわないうちに、対策を練らなければならないのかもしれません。


という事で、また調子が悪くなってしまわないうちに、タタタッ~と書き進めてまいりたいと思っている訳なのですが、今回のお題は「別れ」。

六月のこの時期、こちらでは修業・卒業の季節です。

当旅館近くのハーバード大でも、本日が卒業式でした。
ここを巣立った人達が全米各地、いえ、世界各国に散らばって行くのもこの時期。当然、私どもの生活の中でも、様々な別れを経験する季節です。



それは、本日の夕食時。

いつも元気一杯なはずのジュンが、いつになく言葉少な。
何やら、ため息などもついております。

「どうしたん?何か今日、嫌な事あったんか?」
そう尋ねる私にも、ただ首を横に振るばかり。
ただ一言、
「明日から、ヴァレリーが学校にこうへんねん・・・。」
そうして、また一つ、深いため息をつきました。


”ヴァレリー”と言うのは、ジュンのクラスメイト。シンガポール人の女の子です。
いつぞやお話した事があるかもしれませんが、ジュンが好きで好きでたまらないと言うのは、彼女の事。
”初恋”と呼ぶには、まだ余りにも拙い感情でしょうが、「僕は、クール(格好が良い事)で賢い女の子が好き!」と彼に言わしめた程、とてもしっかりとしていて明るく、そして優しい女の子なのです。


彼女が、こちらでの勉強を終えたお父さんと共に、また、シンガポールに帰ってしまうという事は、ジュンも知っていたらしいのですが、それがこんなに急に行ってしまうとは、夢にも思っていなかったよう。

その場は、もくもくと夕食を終え、また、普段の様子を取り戻したジュンだったのですが、やはり、彼女の帰国に相当ショックを受けていたらしいのです。


先程、やっとの事で眠りに付いたジュンの目には、まあるい、大きな涙のつぶが・・・。

「僕は、おじいさんになっても、ヴァレリーを覚えてる。死ぬまで、忘れない。」
「ヴァレリーも、ヴァレリーも僕の事、覚えていてくれるよね・・・。」


・・・ジュン、大丈夫。
ジュンはヴァレリーの事、ずっと覚えていられるだろうし、ヴァレリーもジュンの事、ずっと覚えてるよ、きっと。
それで、いつか必ず、また出会える日が来るはずだから、だから、泣かないで、ジュン。


ここに暮らしていると、毎年、毎年、この季節になると、いくつかの別れを経験します。
でもね、その人達と過ごした楽しい思い出と、そして、「また、どこかで、いつの日か必ず・・・」という願いを胸に、大きく手を振って、笑って見送る事にしているんです、私。

だからジュンにも、そういう想いを持ち続けて欲しいし、またやって来るであろう、新しい出会いをも大切にして欲しい。

「サヨナラだけが、人生だ。」
誰かが言った言葉があるけれど、私はそうは思わない。
「”出会い”がなければ、”サヨナラ”もない」のが人生でしょ?

ジュンのこれからの人生、沢山の別れを経験するだろうけれど、その別れの分だけの、素晴らしい出会いも経験するはず。だからこそ、その出会いを大切に、人と真摯に向き合える人間になって欲しい。

・・・彼の寝顔を見つめながら、ふと、そんな想いが胸に過ぎった私でした。


スポンサーサイト


女将よりのご挨拶

女将  ナオコ

Author:女将 ナオコ
ボストン近郊のこの地に菅家旅館を営んで、2年たらず。
まだまだ修行中の身ですが、従業員と共に、皆様方のご来館を心よりお待ち申し上げております。
もちろん、一見さんも大歓迎ですよ!
(”菅家旅館 ボストン本店"は、HP及びこのブログの名称であり、実際には営業いたしておりません。)



従業員紹介

当旅館従業員について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



菅家旅館 ボストン本店への入り口

菅家旅館について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



主人コージの本業(副業!?)

主人 コージ本業について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。