菅家旅館 ~ボストン本店~
ボストン近郊の町にある、小さな小さなお宿でのお話。女将のナオコが、お料理の事や周辺の観光スポット、日々の生活等をふんわりと語ります。
ボストンの時刻と天候

只今、こちらは

Click for Boston, Massachusetts Forecast

            でございます。



来館者人数

貴方は、当旅館をご利用下さった

          人目のお客様です。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


美味しい休日「Thanks giving day」の巻

本日は、少し遅くなりましたが、「Thanks giving day」についてのお話です。


先週の木曜日(11月23日)は、「Thanks giving day」でした。

本来ならば、親しい友人や家族と共に過ごすこの休日。菅家旅館 ボストン本店で祝ってもよいはずだったのですが、やはり、本物の「Thanks giving dinner」を食したい!!!という事で、ある方から紹介された、初対面のご夫婦のお宅にお邪魔させていただきました。
pilgrims.gif
*書店ではこの時期、サンクスギビングについて書かれた本をよく見かけます。

信仰の自由を求めて、イギリスよりマサチューセッツ・プリマスの地にたどりついた、最初の"Pilgrims Fathers(清教徒)"達が、先住民(ネイティブ・インディアン)に助けられ、翌年の秋には共に収穫を祝った、という話から由来したらしいこの休日。

私が楽しみにしていたその特別な食事も、「収穫の祝」に招待された先住民達が、用意された食事以上の手土産(ワイルド・ターキーやクランベリー、スクワッシュ等)を持ってあらわれたため、三昼夜もの間、宴が続いた…というところから来ているそうで、メインのターキー(七面鳥)や夏から秋にかけて収穫される作物を中心とした料理が、テーブルの上に所狭しと並ぶのです。


オーブンで5時間以上も焼かれたターキーと共に、クランベリーソース(ターキー用)、グレイビーソース(これもターキー用。肉汁を煮詰めて作る濃厚なソース)、ボイルド・グリンビーンズ、マッシュド・ポテトやスイートポテト・ボール(甘くて、栗カボチャのような味)、キューカンバ・サラダ(きゅうりと青ねぎ、トマトをヨーグルトで和えた物)、スタッフィング(本来はターキーの詰め物。この家庭では、肉汁とリーク(太ねぎ)で別に調理)、などなどなど…

菅家旅館一同が伺ったお宅でも、書き切れない程の料理が用意されておりました。

turkey.gif
*焼きたてのターキー。美味しい香が漂います。

さあ、女将がお待ちかねのお食事時間!
神へ感謝の祈りをささげた後、皆それぞれに料理を取り分けます。

椅子に座って、まずは、ターキーを一口。
鶏の胸肉と似てはいますが、それよりも脂が少なくあっさりとしたお味です。
焼きすぎるとパサついた食感になってしまいそうなターキーを、程よい火の通り加減で、ジューシーに仕上げた"それ"は本当に美味しかったです。

また、グレイビーソースが更に絶品!
しつこいのかと思いきや、適度な油分のおかげで絡みがよく、口の中には旨みだけが残ります。そして、煮詰められたソースの濃厚な味とターキーの淡白な味とがマッチして、肉の美味しさを引き立たせておりました。

甘酸っぱいクランベリーソースを合わせたターキーの味も、普段いただく事のない新鮮なおいしさ。豚肉とマーマレード、鴨肉とブルーベリー等、いろいろな取り合わせの料理をいただいた事はありますが、これもなかなかの物でした。
20061127171802.gif
*テーブルに並ぶ沢山の料理。おや!?なぜか、「ちらし寿司」の姿が…。

そんなおいしい食事をいただきながらの話題は、「あなたは誰に感謝する?」という物。
皆それぞれに、自分の思いを語るのです


当旅館従業員達は、
従業員ジュン " I 'm thankful for my sister, Mie."
従業員ミィ   " She 's thankful for her brother, Jun."(女将が代わって)
…と答えておりました。


そして最後に、菅家旅館 ボストン本店の一同より、皆様方への感謝の言葉。
" We are thankful to all of you, our
 famliy, and our friend for your help." 

これからも、当旅館を宜しくご利用下さいませ!


スポンサーサイト

「ある中華料理店にて…」の巻

                 ~その1~
本日のお話は、皆さんお待ちかねの、松坂大輔の話題。
日本では報道されないであろう、地元ボストンのレッドソックス・ファンの考えについて、偶然にも触れる事ができましたので、ご報告いたします。
まあ、「菅家旅館と何の関係もないじゃないか!!!」なんて言わないで、少しの間お付き合いくださいませ。


実は、ほとんどのお店で、サンクス・ギビングの翌日、つまり本日よりセールが始まりました。
普段より安い買い物をしようと、ダウンタウンにあるデパートの中は人だらけ。菅家旅館@ボストン本店の一同もご多分に漏れず、買い物に繰り出しました。

「買い物をする前に、まず、腹ごしらえ」と、一同が最初に立ち寄った先は、近くにあるチャイナタウンのレストラン「香港小食(ホンコン・イートリー)」 。いつ来ても中国系の人達で賑わう、人気のレストランです。本来の私でしたら、ここからはオーダーした品々の説明や味の感想を、皆様にお伝えするはずなのですが、今日の本題は「松坂」の事!料理の話は隣に置いておいて…っと。

昼時だったせいか、いつもに増して混みあう店内。
菅家旅館一同が通されたテーブルには、すでに、アジア人カップルの先客がおりました。

「あんた達、どこから来たの?」
そのカップルの、人のよさそうな男性の方が、ふと顔をあげて主人に話しかけて来ました。
「ああ、私達は日本人だよ。」
「ここには、よく来るの?」
「うん、ときどき。ここの中華は安くて、おいしいからね。」
「ああ、それはいい事だ!」

2人が一通の挨拶を交わしたところで、オーダーしたワンタンヌードルが運ばれ来たため、会話はストップ。このヌードルが、私の一番のお勧めメニューなのですが、それもまた、こちらに置いておいて…っと。

「で、あんた。日本人だったら、マッツァカって知っているかい?」
その男性が、いきなり思いついたかのように再び、声を掛けて来たのです。
「まっつぁか~?」  …まつざかっ!!!一同、声を揃えて)

(以下、男性…、主人… の会話)
 「マッザカァ?」
 「MA-TSU-ZA-KA !」
 「ああ、マツザカ。」
 「彼は、日本で人気のある野球選手だよ。」
 「知ってるよ。」
 「今度、ボストンに来るんだよ。」
 「ああ、それも知ってる。」
   「ねえ、あんた。彼がどんな選手だか知ってるかい?」(主人に向かって)
 「僕は、野球の事はあまり知らないんだ。」
 「じゃ、あんたは?」(今度は私に向かって)
 「うん、野球は好きだよ。」
 「あんた、野球ファンなのかい?」
私 「うん、そうだよ。」(心の中で、「見るのは好きだけど、詳しくはないし。」と付け加えながら)

後は、私の英語が下手なのも気にせず、しゃべる!しゃべる!しゃべる!
食事を食べるのもそこ退けで、自分がA.B.C.(American-born Chinese)である事、野球が好きでレッドソックスの大ファンだという事、そして日本人選手についての自分の考えを、勢いよく話し出したのでした。
「~その2~」につづく。・・・"read more"をクリック!


[READ MORE...]

女将のひとり言「ワタシャ、おかしな関西人」の巻

今まで2回に渡って書いてきた、菅家旅館のお知らせがどこかに消えてしまいました。

「あら、私のブログが見れなくなってるじゃないの!?」
「なんで、なんで!?」

まっ、リニューアルする前でよかったさっ、フンッ!
強がって、叫んではみたものの、心のどこかで虚しさが残る・・・。


で、思わず口ずさんでしまう、謎の歌。

「♪ どこへ~行ったか~、わたし~の~、ぶろぐ~♪」
「♪ な~に~も、残ら~ず~、消えちゃ~った~♪」

(♪ごま~がいっぱ~い~、 ご満足~♪のメロディで。古っ!)


シクシクシク・・・・・。しく、さんじゅうごぉ~!!!!
・・・って、間違えてるやん!


いつもと違い、 壊れ気味な私。
誰や~、「いつも壊れ気味やろっ」なんて言ってるヤツは~!!!

そんな事言ってとるヤツはなぁ、
ホンマに
いてまうぞ~!!!!



はっ、いけないっ!
普段のお上品な私は、どこへ行ってしまったの!?
女将の顔にもどらなければ・・・・。

 本日は、関西人の女は二重人格で「コワイ」、というお話をいたしました。
それでは、ご機嫌よう~。





女将よりのご挨拶

女将  ナオコ

Author:女将 ナオコ
ボストン近郊のこの地に菅家旅館を営んで、2年たらず。
まだまだ修行中の身ですが、従業員と共に、皆様方のご来館を心よりお待ち申し上げております。
もちろん、一見さんも大歓迎ですよ!
(”菅家旅館 ボストン本店"は、HP及びこのブログの名称であり、実際には営業いたしておりません。)



従業員紹介

当旅館従業員について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



菅家旅館 ボストン本店への入り口

菅家旅館について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



主人コージの本業(副業!?)

主人 コージ本業について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。