菅家旅館 ~ボストン本店~
ボストン近郊の町にある、小さな小さなお宿でのお話。女将のナオコが、お料理の事や周辺の観光スポット、日々の生活等をふんわりと語ります。
ボストンの時刻と天候

只今、こちらは

Click for Boston, Massachusetts Forecast

            でございます。



来館者人数

貴方は、当旅館をご利用下さった

          人目のお客様です。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「英語 de レシピ」の巻 

                osakasushi-temari.gif

皆様、こんばんは。

ここ数日、「うんうん」言いながら、頭を抱えて考え込む事の続いている私。

と言うのも、私が通うESLクラスでも学期末が近いため、ポットラック・パーティ・・・要は、各自一品ずつの持ち寄りパーティが開かれるらしいのですが、それに伴って、持ち寄る料理の英語レシピが必要になってしまったのです。

う~ん、どないしよう・・・。
悩みに悩んだ挙句、持って行く品を決めてはみた物の、英語でレシピを作るのって結構難しいんですよね。以前も、2~3度は作ってみた事があるのですが、それも、丸2日掛けての大仕事。今回もこうして、空っぽの頭を振り振り、もがき苦しんでいる訳です。


とそんな時、私が参加する、もう1つのESLクラスにて、クッキング・クラスが開かれました。
「ESLでお料理教室!?」と驚く事なかれ。指導もレシピも、全部英語。(当たり前と言っちゃあ、当たり前なんだけど。)指導する側も指導される側も、本当に真剣になっちゃいます、母国語以外で物を教え、そして習うって。

という事で、今回の講師は、我がクラスメイトの日本人、Naoさん。”大阪寿司”(押し寿司)と”手毬寿司”の2品を、ご指導いただきました。

「ナオ・ナオ」繋がりではありますが、”自称・民宿の女将、・・・いや、オバちゃん(思いっ切りの格下げです)”の私と、もう、驚くほど上手な、まるでプロのような腕前を持つ彼女とでは、その差は歴然。
お話を伺ってみれば、お父様がお寿司屋さんを経営なさっているのだとか。いや、料理上手なのは、当然かもしれませんね。

そして、更に驚くべき事は、Naoさんの作られたレシピ。これがまた、とても分かりやすく英語でまとめられていたのですよ。彼女の努力に脱帽・・・。
本当に、流石!我がクラスの料理講師を、引き受けられただけの事はあります。


前置きが長くなってしまいましたが、本日の”菅家旅館 ボストン本店”の記事は、そんなNaoさんの英語レシピをお借りして、紹介しちゃおう!・・・てな訳なんですが、自分のレシピはどうなる事やら!?

ではでは、Naoさんのスモーク・サーモンを使った、”大阪寿司”の英語レシピをどうぞ!


追記。(5/7)
講師をしていただいたNaoさん、”プロのような腕前”ではなく、本物の”プロ”でした。
というのも、さっき、みつけちゃったんです。彼女が担当された、地元ミニコミ紙のお料理の記事を。あああ~、恥ずかし過ぎます。思いっきり、赤っ恥です(泣)

ええと、Naoさん。
知らなかったとは言えど、大変、大変、失礼いたしました。おまけに、”民宿のオバちゃん”が書いてるお料理ネタなんか、お見せしちゃって・・・。

遠山の金さんにひれふす悪人の如く、お謝り申し上げます。ア~レ~。
どうか、お許し下さいませ~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

          ★ Osaka Sushi (box Shaped sushi)  the recipe by Nao  ★   

                                osakasushi-small.gif

<Ingredients>
rice (360 ml), water (360 ml), rice vinegar (3 tbs), sugar (2 2/3 tbs), salt (1 tbs),
smoked salmon (4 oz), lemon (1/4 piece), konbu~dried kelp (2~3 inches,optional), gari~Japanese ginger pickles, optional)

<Special preps>
plastic box (for forming sushi), plastic wrap, uchiwa~fan, hangiri~Japanese wooden tray, stainless steel tray, or plastic tray (for making sushi rice)


<How to make>
1,  Washing and boiling rice
     (1) Put rice into a bowl.
     (2) Pour water and drain it as soon as possible. This is to eliminate the flavor of rice bran. 
     (3) Wash rice by stirring and gently pressing it on the bowl by hand.
     (4) Pour water again and drain it.
     (5) Repeat the processes (3)and(4) 4~5times, which will make the stirring water clear.
     (6) Pour water equal to the rice volume.
     (7) Put a konbu and soak in the rice for 30 minuets.
     (8) Switch on the rice cooker.

2,  Making shari (rice mixed with vinegar)
           hangiri.gif
     
     (1) Mix rice vinegar, sugar, and salt.
     (2) Pour it into the fresh-boiled rice in the rice cooker and toss it a couple of times.
     (3) Transfer it into a hangiri or a tray.
     (4) Toss rice with a syamoji~spatula in the tray. In parallel, fan the rice by an uchiwa, which makes rice shiny.
     (5) Cool down to the room temperature.

3,  Forming sushi
           cutting-osakasushi.gif

    
(1) Lay a sheet of plastic wrap over the plastic box.
     (2) Lay smoked salmon covering all the bottom of  the box (1).
     (3) Cover the salmon with the rice (about 1,5 inches). Press rice down with hand.
     (4) Wrap the contents to keep it moist. Wait for 10 minutes in the room temperature.
     (5) Open wrap, turn box over and remove contents.
     (6) Cut it into small pieces. Put a small pieces of lemon over it.
     (7) It will be ready to eat !

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうそう。
Naoさんに教わって、初めて知ったのですが、穀物酢と純米酢をブレンドして使うと、酸味がきつ過ぎず、その上、香よい寿司飯に仕上がるのだそう。
また、炊飯器の中に入ったままの、炊きたてのご飯に合わせ酢を回し掛け、数回混ぜ合わせてから、半切りに移すという方法にも驚き!いろんな技があるもんですね。

私もこれを見習って、さっさと、自分のレシピを片付けてしまいたいなぁ・・・と思いつつ、もう、すでにアカンのかも。だって、今日のタイトルからして、英語やないし(^^;)

とにかく、今回、いろいろご指導下さった上、レシピまで提供して下さった、Naoさんに感謝。
本当に、ありがとうございました。
私も彼女に負けじと、英語レシピの製作に励む所存であります。

それでは、また。


スポンサーサイト

「スジャータならぬ、スガーヤより愛をこめて!?」の巻

皆様、こんばんは。

このところ、めっきり暖かくなった当地ボストン。
夏を先取りしたような、タンクトップにショート・パンツ、サンダル履きのボストニアン達の姿には、多少、驚いてしまうものの(だって、まだ4月ですよ。肌寒い日もあるんですよ。なのに、どんな体型だって何のその!思いっきり肌を露出した彼らの格好に、ドキドキドキ・・・(^^;)、待ちに待った春の訪れを心から楽しんでいるようで、私まで何だか嬉しくなってしまいます。


さて、本日も昨日に引き続き、旅館業は休業!?して、”甘味処 菅家本舗”の第2作目、インド風デザートの”キール”をご紹介したいと思います。

      kheer.gif

という事で上の写真、こちらが菅家本舗特製のインド風デザート、”キール”でございます。いわゆる”ライス・プディング”、又は、”ミルク粥”と言った方が分かり易いでしょうか。

実は、長い修行のしばしの休息中、沐浴をされていた”お釈迦様”へ、そこに偶然通りかかった娘、”スジャータ”が捧げた”乳粥”にあたる物がコレなのだそう。

このように、特別な意味を持つ食べ物として、インドでは、お祝いやお祭の日に食べられる一品なのだそうですが、当店周辺のインド料理店では、バッフェスタイルのランチや通常のメニューでも提供される、ポピュラーなデザートとして親しまれております。

ほのかに漂う、甘いスパイスの香と、まろやかなミルクの味。軽くとろみが付くまで、ゆっくりと煮込まれたソレを一口、口の中に流し入れると、舌の上でとろけてしまうような、何とも言えないライスの食感。
日本では、あまり馴染みのない食べ物なのですが、一度味を覚えてしまうと、「インドカリーの食後には、コレがないと・・・」と思わせられる程、甘くて、クリーミーで、そして優しいお味の食べ物なのです。


ではここから、そんなインド風デザート”キール”をアレンジした、”菅家本舗 特製キール~ココナッツ・ミルク風味”のレシピをご紹介。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      ★ ”菅家本舗 特製キール~ココナッツ・ミルク風味”のレシピ ★


材料 : 
米4分の1カップ、牛乳2カップ、ココナッツ・ミルク2カップ、砂糖3分の1カップ、お好みのスパイス(カルダモン、シナモン、ナツメグ、サフラン等)パウダー小匙1or ホール適量、お好みのクラッシュ・ナッツ(ピスタチオ、アーモンド、カシューナッツ等)適量


作り方 :
 1、 米は軽くすすいで、ざるにあけて置く。
 2、 鍋に牛乳、ココナッツ・ミルク、スパイスを入れ、中火で沸騰させる。
 3、 沸騰したら、米を加えて極々弱火にし、米が柔らかくなるまで煮る。
 4、 仕上げに砂糖を加えて火を消し、粗熱をとってから冷蔵庫で冷やす。
 5、 器に盛り付け、お好みのナッツを散らしたら、できあがり!


調理する際のポイントは・・・、
★ 材料を煮る際には、必ず極々弱火で、吹きこぼれないように!
★ 米に火が通ると、焦げ付きやすくなるので、こまめにかき混ぜましょう。
★ スパイスは、お好みの物でどうぞ。苦手な方は、入れなくてもかまいません。
★ ナッツも、お好みの物でどうぞ。また、スライス・アーモンドやドライ・レーズン等を入れても、美味しく召し上がれます。
★ 砂糖の量は目安ですので、お好みの甘さでどうぞ。
★ ココナッツ・ミルクに変えて、コンデンス・ミルク(無糖)又は牛乳でも、お作りいただけます。
★ 菅家のキールは、多少、ゆるめに作られています。米の量を増して、もっと、お粥らしくもお作りいただけます。
★ つめたく冷やしていただく他、温かいままでも、お召し上がりいただけます。


こちらの”菅家本舗 特製キール~ココナッツ・ミルク風味”、”タピオカ・ミルク”のタピオカを、ライスに変えて、柔らかめにしたような食感・・・、とでも言いましょうか。「ミルク粥なんて、食べた事ないわ!」なんて方にでも、安心してお召し上がりいただける食べやすさです。
また、ほのかに香るシナモンの香が食欲を刺激、ココナッツ・ミルク風味の牛乳とマッチして、クリーミーで優しい味わいを醸し出します。

皆様も一度、インド風の新鮮味あるデザートとして、また、栄養バランスのとれたおやつとして、お試しになってみてはいかがですか?



「ドラえもんにも食べさせたい!~レシピ編」

       dorayaki-otsukaimono.gif

皆様、こんばんは。

ここ2~3日で急に春らしく、暖かになった当地 ボストン。
本日までで春休み期間が終了し、明日からは、また、普段の暮らしが戻ってまいります。

前回の記事中に「”菅家本舗”特製プチ・ドラ焼きのレシピを追記する予定」と書きつつ、何日も放ったらかしにしておりましたのも、何もせず、じっとしていた春休み前半とは打って変わって、後半は急に忙しく、外出し通しの日々。
遠方にこそ行く事はできなかったものの、今日は主人のクラスメイト達と一緒に、先生宅へのお呼ばれ、次の日は、自分のクラスメイト・先生と、日帰りで鉄道の旅・・・等など、急なお誘いや行事が立て込んで、息つく暇もなかったせいなのです。

まあ、これだけ忙しかった・・・と言っても、どれもこれも充実しており、また、普段よりも多く長く、英語で話す事のできる絶好の機会。とても楽しく、有意義に過ごさせていただきました。


さて、話を本日のお題へと変えまして・・・、

当旅館・・・じゃなかった!”甘味処 菅家本舗”の特製ドラ焼き詰合わせセット、今回のお呼ばれのために製造・持参したのですが、皆様方の評判はなかなかの物。
中国の方はもちろんの事、餡子に慣れていないであろう他の国の方にも、「美味しいよ!」との太鼓判をいただきました。

では、ここから、”菅家本舗”特製プチ・ドラ焼きの簡単なレシピを紹介いたしましょうね。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      ★ プチ・ドラ焼きの簡単なレシピ ★

   dorayaki-small.gif

材料 : 14個~16個分
薄力粉120g、ベーキングパウダー小匙1、砂糖60g、卵2個、はちみつ大匙2、水80cc、お好みの餡200g前後


作り方 :
 1、 薄力粉、ベーキングパウダーはふるいに掛けておく。
 2、 大きめのボールで、卵をしっかりと泡立てておく。
 3、 砂糖を加えて、更にしっかりと混ぜた物に、はちみつ、水を加える。
 4、 粉を入れて、ダマがなくなるまで混ぜる。
 5、 熱したフライパン、又はホット・プレートに油を薄く引き、丸く形を整えながら、カレー・スプーン1匙程の生地を落とす。
 6、 表面に泡がプクプクと浮かんで来たら返して、裏面も軽く焼く。
 7、 焼き上がった生地は、2枚セットで冷ましておく。
 8、 生地の間に、適量(大匙1強が目安)の餡をはさめば、出来上がり!


生地をムラなく、綺麗に焼き上げるコツは・・・、
★ フライパンを熱する段階で、油はしっかりと馴染ませ、生地を焼く直前に、綺麗にふき取っておく。(油が多いと、美しい茶色の生地に焼き上がリません。)
★ フライパンが熱すぎると、ムラが出来易くなるので、フライパンをよく熱した後、一度、濡れ布巾の上で温度を下げてから、生地を焼き始めると上手くいく。また、焼く際は、弱めの中火で。


こちらの”菅家特製レシピ”で作るプチ・ドラ焼き、安心していただけるお子様のおやつとして、また、訪問先への和風の手土産として、様々な用途にお使いいただけます。
また、生地の焼き加減さえ上手くいけば、意外と簡単ですので、どうぞ、一度お試し下さいませ。
それでは、また。



「ドラえもんにも食べさせたい!」の巻

皆様、こんばんは。

只今、他の地域よりも、若干遅めの春休み中である、菅家旅館 ボストン本店。
本来ならば、1週間以上も続く休みを有効に使おうと、2~3日の旅行に出ても悪くはなかったはずなのですが、諸々の事情よりぼんやりと過ごす事、今日まで4日。

昨日のペイトリオッズ・ディ(マサチューセッツ州の祝日)には、皆様もご存知の”ボストン・マラソン”が行われていたのですが、私一人応援にも行かず、ふて腐れておりました。

まあね、ここ数ヶ月、当旅館はず~っと、開店休業状態。
・・・って、「元々、旅館やないしっ」なんて突っ込みは、無しにしておくんなまし!?

体調があまり芳しくなかった性もありますが、”やる気が出ないのに、何だか暇で仕方ない”ってな日が続いておりました。

dorayaki.gif

そこでっ、ジャジャジャ~ン!!!
この度、”甘味処 菅家本舗”へ、家業を衣替えする事にいたしました。

・・・って、言ってるだけやから。
一人、”ゴッコ遊び”して、楽しんでるだけやから(笑
(この年になって、”ゴッコ遊び”もヘッタクレも、あったもんじゃないってか!?)


それはともかくも、上の写真が、新装オープンした”甘味処 菅家本舗”の記念すべき第一作、”プチドラ焼き”でございます。

皆様、よくよくご覧下さいませ!
ドラえもんもビックリ!?のその出来映え、そのお味。どこの屋台にもお店やにも、負けやしませんよ~!

カワイイ坊やの三時のおやつに。お年頃のお嬢ちゃん方の行楽のお供に。甘い物好きのパパの晩酌のおつまみに。
お昼のスナックとして、学校なんかに持って行ったりなんかしちゃったら、
「コレが、本物の”Japanese Sweets”なのねっ!」などと、クラスの皆の人気者になれる事、間違いなし!


こちらの、”甘味処 菅家本舗 特製プチドラ焼き”。
今なら、餡を2倍も増量中!
おまけに、お買い上げ下さった皆様全員に、同系列”菅家旅館 ボストン本店”への無料招待券(1枚2名様有効。お食事つき)を、プレゼント中です!

さあさあ!どうぞ、この機会に、”甘味処 菅家本舗 特製プチドラ焼き”をどうぞお試しあれ!
皆様のご来店を、心よりお待ちしておりますよ!



・・・ここまで読んで下さったアナタ。
「JAROってなんじゃろ~」ってな所に、連絡しようと思ったらアカンよ(笑
本日はこれ以上、体力が続かないので、ここまでにしておきますが、後日、真面目なレシピを追記する予定です。
期待しないで・・・・、待ってて下さいませ。
ではでは。



「故郷からのたより」の巻

皆様、こんばんは。

この辺りもすっかり暖かくなり、道端に積もっていた雪がとけ出しました。
ぬかるんだり、水溜りになった所を避けながら道を歩くと、すれ違う人達の服装が軽くなり、心なしか、表情までも明るくなったように感じます。

日本では、もうすぐ桜の季節ですね。
公園や川端の、満開になった桜花の下では、真っ赤なお顔をした人達の賑やかに集っておられる光景が、また毎年のように繰り広げられるのでしょうか。


さて、そんな事を思い浮かべながら、ぼんやりと過ごしていた本日の昼下がり、菅家旅館 ボストン本店に、一つの小包が届きました。故郷の母が、送ってくれた物でした。

大きなダンボールの箱を開けてみると、中からは沢山の食品が・・・。
地元で獲れたノリや、タコをつかった名産品のおせんべい。ちりめんじゃこや鮭のフレークなんて物まで、本当にごっそりと入っていました。


でもね、その中で一番嬉しかったのがコレ。

   ikanago-kugini.gif

母が自ら炊いた、”いかなごの釘煮”です。

そういえば、3月も半ばを過ぎた今頃になると毎年、いつになく張り切っていた婆さま。何キロもの”いかなご”を買い込んでは、もくもくと炊いていたっけ。
同じように、近くの家々からも漂ってくる、醤油と砂糖が入り混じった甘い、いい香りで、この時期を知る事ができたんだよなぁ。
私も作り方を教えてもらっていたのだけれど、実家を離れてからは、一度も試していなかった・・・。


送られて来た”いかなご”を摘みつつ、もうすでに、そこには訪れているのであろう”瀬戸内の春”を懐かしく思い出し、そして、少し身近に感じる事のできた本日の出来事でした。




女将よりのご挨拶

女将  ナオコ

Author:女将 ナオコ
ボストン近郊のこの地に菅家旅館を営んで、2年たらず。
まだまだ修行中の身ですが、従業員と共に、皆様方のご来館を心よりお待ち申し上げております。
もちろん、一見さんも大歓迎ですよ!
(”菅家旅館 ボストン本店"は、HP及びこのブログの名称であり、実際には営業いたしておりません。)



従業員紹介

当旅館従業員について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



菅家旅館 ボストン本店への入り口

菅家旅館について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



主人コージの本業(副業!?)

主人 コージ本業について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。