菅家旅館 ~ボストン本店~
ボストン近郊の町にある、小さな小さなお宿でのお話。女将のナオコが、お料理の事や周辺の観光スポット、日々の生活等をふんわりと語ります。
ボストンの時刻と天候

只今、こちらは

Click for Boston, Massachusetts Forecast

            でございます。



来館者人数

貴方は、当旅館をご利用下さった

          人目のお客様です。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「別れの季節」の巻

皆様、こんばんは。

今夜は久々にパソコンのご機嫌が良いため、ブログの更新をいたしております。
そうは言っても、”Y”や”H”のキーの反応が悪かったり、それが一転、一度タッチしただけで、”yyyyy”なんて表記になってしまったりと、まともではないのは確か。
本格的に壊れてしまわないうちに、対策を練らなければならないのかもしれません。


という事で、また調子が悪くなってしまわないうちに、タタタッ~と書き進めてまいりたいと思っている訳なのですが、今回のお題は「別れ」。

六月のこの時期、こちらでは修業・卒業の季節です。

当旅館近くのハーバード大でも、本日が卒業式でした。
ここを巣立った人達が全米各地、いえ、世界各国に散らばって行くのもこの時期。当然、私どもの生活の中でも、様々な別れを経験する季節です。



それは、本日の夕食時。

いつも元気一杯なはずのジュンが、いつになく言葉少な。
何やら、ため息などもついております。

「どうしたん?何か今日、嫌な事あったんか?」
そう尋ねる私にも、ただ首を横に振るばかり。
ただ一言、
「明日から、ヴァレリーが学校にこうへんねん・・・。」
そうして、また一つ、深いため息をつきました。


”ヴァレリー”と言うのは、ジュンのクラスメイト。シンガポール人の女の子です。
いつぞやお話した事があるかもしれませんが、ジュンが好きで好きでたまらないと言うのは、彼女の事。
”初恋”と呼ぶには、まだ余りにも拙い感情でしょうが、「僕は、クール(格好が良い事)で賢い女の子が好き!」と彼に言わしめた程、とてもしっかりとしていて明るく、そして優しい女の子なのです。


彼女が、こちらでの勉強を終えたお父さんと共に、また、シンガポールに帰ってしまうという事は、ジュンも知っていたらしいのですが、それがこんなに急に行ってしまうとは、夢にも思っていなかったよう。

その場は、もくもくと夕食を終え、また、普段の様子を取り戻したジュンだったのですが、やはり、彼女の帰国に相当ショックを受けていたらしいのです。


先程、やっとの事で眠りに付いたジュンの目には、まあるい、大きな涙のつぶが・・・。

「僕は、おじいさんになっても、ヴァレリーを覚えてる。死ぬまで、忘れない。」
「ヴァレリーも、ヴァレリーも僕の事、覚えていてくれるよね・・・。」


・・・ジュン、大丈夫。
ジュンはヴァレリーの事、ずっと覚えていられるだろうし、ヴァレリーもジュンの事、ずっと覚えてるよ、きっと。
それで、いつか必ず、また出会える日が来るはずだから、だから、泣かないで、ジュン。


ここに暮らしていると、毎年、毎年、この季節になると、いくつかの別れを経験します。
でもね、その人達と過ごした楽しい思い出と、そして、「また、どこかで、いつの日か必ず・・・」という願いを胸に、大きく手を振って、笑って見送る事にしているんです、私。

だからジュンにも、そういう想いを持ち続けて欲しいし、またやって来るであろう、新しい出会いをも大切にして欲しい。

「サヨナラだけが、人生だ。」
誰かが言った言葉があるけれど、私はそうは思わない。
「”出会い”がなければ、”サヨナラ”もない」のが人生でしょ?

ジュンのこれからの人生、沢山の別れを経験するだろうけれど、その別れの分だけの、素晴らしい出会いも経験するはず。だからこそ、その出会いを大切に、人と真摯に向き合える人間になって欲しい。

・・・彼の寝顔を見つめながら、ふと、そんな想いが胸に過ぎった私でした。


スポンサーサイト

「動物お断り!?」

   

皆様、こんばんは。


前から「やる!やる!」とは思っていたけれど、とうとう本格的にやられちゃいました。

えっ、「何がどうしたって?」ですって・・・。
リスにね、食べられちゃったんです、水栽培していた球根を。

あんまり美味しくなかったのか、半分かじっただけでお残しするわ、辺りは散らかし放題だわ。
おんなじ食べるんだったら、最後まで残さず食べろっちゅうねん!

・・・って、それ以前にウチの旅館、人間専用なんですが。
リスさん専用のレストランは、併設していないんですが。


いやね。
以前にも、リスが屋内に侵入して来たりだとか、屋根裏に住み着いたりだとか、バード・フィーダーの餌を全部食べちゃったりだとか、思えばいろいろありましたよ。

でもねぇ、従業員達が(正確には、私が)毎日毎日、水やりをしながら、
「今日は芽が伸びたかな?大きくなったかな?」
なんて、朝昼晩と日に3回、裏返して根っこを引っ張ったり、触りまくったりしながら、可愛がっていた球根ちゃん。

愛情・・・というより、大切な、私達共通の興味の対象だっただけに、めちゃくちゃ落胆してます。
帰って来てぇ~!私の球根ちゃ~ん!!!


ええと。
本来、動物好きの私ではあるけれど、この場で宣言。
誠に勝手ながら、今後一切、野生動物さんのご来館はお断りいたします。

あっ、動物似の方は、OKだから。

トド似の主人と、アヒル似の私(フォアグラたんまり!?)。
モモンガ似のジュンと、お豆似のミィ(これは動物やないわね)。

菅家一同、皆様のご来館を、心よりお待ち申し上げておりますよ!



「ウルトラ5つの誓い」の巻

       ice.gif
     *ボストンコモンの氷の彫刻。沢山の人が新年のカウントダウンのために集まります。

皆様、明けましておめでとうございます。
どうぞ今年も、菅家旅館 ボストン本店一同の事、宜しくお願い申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~ウルトラ 5つの誓い~

一つ、 腹ペコのまま学校に行かぬこと。
一つ、 天気のいい日に布団を干すこと。
一つ、 道を歩くときに車に気をつけること。
一つ、 他人の力を頼りにしないこと。
一つ、 土の上を裸足で走り回って遊ぶこと。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで皆様、この”ウルトラ 5つの誓い”をご存知でしょうか?
多分、私と同年代、又は年配の男性の方ならば記憶にあるはず。
今から30年以上も前に放送されていた”帰ってきたウルトラマン”の最終回、主人公の郷 秀樹(ウルトラマン)が同居人でもあった次郎少年に立てさせた誓いの言葉です。


女将は放送当時まだ生まれておらず、幼少の頃にTVの再放送で見た覚えがあるだけ。
しかし、ウルトラマン好きの従業員ジュンの影響で、再びこの作品に出会ったのは3、4年前の事でした。
どこにでもありがちな子供向けのヒーロー物で、おまけに30年以上も前の作品。
ですが、大人になった私の中で社会や人間という物について、意外にも深く考えさせてくれたのが、この”帰ってきたウルトラマン”だったのでした。

当然ながら、設定や映像に古臭さはある物の、内容は今でも十分通じるくらいシビアで、本当にこれが子供番組なのかと思える程の強いメッセージがこめられている。

この作品に、当のジュンよりもはまり込んでしまった私は、気に入った回を繰り返し、繰り返し、見返しました。そんな中で、心に残っているのが上記の言葉なのです。


年の始め、自身に誓いを立てようと思い立つ時、いつもこの言葉が私の頭をよぎります。今年も、やっぱりそうでした。
私の子供の頃とは違い、このご時世、時代に合っていないであろう箇所が含まれるのは事実です。けれども、大切な心の根本は今も昔もさほど変わっていないはず・・・。

そんな事を考えつつ、今年一年も素朴に、至極当たり前の事を大切に、しっかりと堅実にやっていきたい・・・、そう願うのでした。



「ご挨拶」の巻

皆様、こんばんは。
菅家一同、只今、旅より戻ってまいりました。

ボストンに帰って来てみれば、こちらは雪だらけ。
従業員達は「これでホントの冬が来た!」と、嬉しそうにしております。
              
                 yukiasobi.gif

帰宅の報告はさておき、前回の記事へのコメントをして下さったお客様方、おいで下さった皆様へ。
菅家旅館 ボストン本店にご来館いただき、本当にありがとうございました。
日々の何気ない出来事からでも、自分なりの考えをまとめる事ができれば・・・と思って始めたこのブログ。
おいで下さったきっかけはいろいろあれど(私も多少とまどっておりますが)、今後とも宜しくお願いいたします。

それから、最近、HPからではなくブログからお入りになる方が増えましたので、こちらで一言。
「菅家旅館 ボストン本店」は、HP及びこのブログの名称であり、実際には営業いたしておりません。
よって、ワタクシ”女将”と名乗っておりますが、実際の”女将”ではございません。
まぎらわしくて、ごめんなさい。
勘違いさせてしまった方は申し訳ありませんでした。

・・・今後は、「本当にこんな宿があったらな」くらいの軽い気持ちで、私なりの冗談にお付き合いいただければ幸いです。



今年は皆様方にとって、どのような一年でしたか?
私にとっては、慌ただしい、山あり谷ありの起伏の大きい年でした。
大変だったし、辛い事も沢山あったけれど、それがどこかで身になってさえいれば、私自身は満足です。
そして、これから来たる次の年へも、ただ、健康と充実を望むだけです。

今年一年、菅家一同にお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました。
来たる年が、皆様方にとっても素敵な充実した年である事を、心より願っております。
それでは、良いお年を・・・。



「サトちゃん、Red Soxに入団!?」の巻

皆様、こんばんは。

ボストン周辺では、今年例年にない暖冬のようで、この11月の平均気温は、ここ数年の内で一番高かったとか。今月に入っても、夜間で0℃を下回る事の方が少ないくらいです。

だからといって油断しておりますと、急に冷え込む日もあったりしますので、今は、従業員達の体調管理が目下の課題でございます。

           satochan.gif

さて、クリスマスも近くなった先日、日本に住む女将の友人よりこんなプレゼントが届きました。
コレ、何の人形だかご存知ですか?
そう!この子は"サトちゃん"、佐藤製薬のマスコットキャラクターです。
でも、良く見ると・・・、
何と、レッドソックスのユニフォームを着ているではありませんか!!!

彼女がどこで手に入れたのかは定かではありませんが、「コレをボストンに住む菅家旅館の従業員達に・・・。」と、わざわざ送って来てくれたのです。
他にもいくつかの品を頂いたのにも関わらず、ジュンとミィはこれが一番気に入ったよう。
"レッドソックスの服を着た象さん"として、一段高いところに飾って置いてあります。

私も主人も、「コチラにはないのに(当たり前!?)、おもしろいキャラクターグッズがあるんだなぁ。」と改めて、日本でのメジャーリーグ人気を垣間見たような気になったのでした。

カラーの文字をクリックすると、それに関してのサイトに飛ぶ事ができます。(Red Sox のオフィシャル・サイトでは、松坂との契約に関しての情報も!)

     satochan-back.gif                                                    
     *"サトちゃん"だけに、背番号は"310"。 


~ここで、いきなり"女将のひとり言"。

最近、お料理ネタの少ない菅家旅館 ボストン本店のブログ。
いえいえ、"お食事づくり"に手を抜いている訳ではありませんよ。念のため。
お客様がいらっしゃらなくて開店休業状態なのをよい事に、見栄えのしない"まかない食"ばかりが続いたものですから・・・。

工事も一段落ついた事だし、そろそろ本腰を入れて"料理旅館"としての道を歩もうかな。

ちょっと、そこの、当旅館の数少ない利用者の方。
こらっ、逃げないでっ!

今後とも、お客様としてご来館下さいますわよね!?
お願いいたしますわよ!




女将よりのご挨拶

女将  ナオコ

Author:女将 ナオコ
ボストン近郊のこの地に菅家旅館を営んで、2年たらず。
まだまだ修行中の身ですが、従業員と共に、皆様方のご来館を心よりお待ち申し上げております。
もちろん、一見さんも大歓迎ですよ!
(”菅家旅館 ボストン本店"は、HP及びこのブログの名称であり、実際には営業いたしておりません。)



従業員紹介

当旅館従業員について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



菅家旅館 ボストン本店への入り口

菅家旅館について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



主人コージの本業(副業!?)

主人 コージ本業について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。