菅家旅館 ~ボストン本店~
ボストン近郊の町にある、小さな小さなお宿でのお話。女将のナオコが、お料理の事や周辺の観光スポット、日々の生活等をふんわりと語ります。
ボストンの時刻と天候

只今、こちらは

Click for Boston, Massachusetts Forecast

            でございます。



来館者人数

貴方は、当旅館をご利用下さった

          人目のお客様です。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「別れの季節」の巻

皆様、こんばんは。

今夜は久々にパソコンのご機嫌が良いため、ブログの更新をいたしております。
そうは言っても、”Y”や”H”のキーの反応が悪かったり、それが一転、一度タッチしただけで、”yyyyy”なんて表記になってしまったりと、まともではないのは確か。
本格的に壊れてしまわないうちに、対策を練らなければならないのかもしれません。


という事で、また調子が悪くなってしまわないうちに、タタタッ~と書き進めてまいりたいと思っている訳なのですが、今回のお題は「別れ」。

六月のこの時期、こちらでは修業・卒業の季節です。

当旅館近くのハーバード大でも、本日が卒業式でした。
ここを巣立った人達が全米各地、いえ、世界各国に散らばって行くのもこの時期。当然、私どもの生活の中でも、様々な別れを経験する季節です。



それは、本日の夕食時。

いつも元気一杯なはずのジュンが、いつになく言葉少な。
何やら、ため息などもついております。

「どうしたん?何か今日、嫌な事あったんか?」
そう尋ねる私にも、ただ首を横に振るばかり。
ただ一言、
「明日から、ヴァレリーが学校にこうへんねん・・・。」
そうして、また一つ、深いため息をつきました。


”ヴァレリー”と言うのは、ジュンのクラスメイト。シンガポール人の女の子です。
いつぞやお話した事があるかもしれませんが、ジュンが好きで好きでたまらないと言うのは、彼女の事。
”初恋”と呼ぶには、まだ余りにも拙い感情でしょうが、「僕は、クール(格好が良い事)で賢い女の子が好き!」と彼に言わしめた程、とてもしっかりとしていて明るく、そして優しい女の子なのです。


彼女が、こちらでの勉強を終えたお父さんと共に、また、シンガポールに帰ってしまうという事は、ジュンも知っていたらしいのですが、それがこんなに急に行ってしまうとは、夢にも思っていなかったよう。

その場は、もくもくと夕食を終え、また、普段の様子を取り戻したジュンだったのですが、やはり、彼女の帰国に相当ショックを受けていたらしいのです。


先程、やっとの事で眠りに付いたジュンの目には、まあるい、大きな涙のつぶが・・・。

「僕は、おじいさんになっても、ヴァレリーを覚えてる。死ぬまで、忘れない。」
「ヴァレリーも、ヴァレリーも僕の事、覚えていてくれるよね・・・。」


・・・ジュン、大丈夫。
ジュンはヴァレリーの事、ずっと覚えていられるだろうし、ヴァレリーもジュンの事、ずっと覚えてるよ、きっと。
それで、いつか必ず、また出会える日が来るはずだから、だから、泣かないで、ジュン。


ここに暮らしていると、毎年、毎年、この季節になると、いくつかの別れを経験します。
でもね、その人達と過ごした楽しい思い出と、そして、「また、どこかで、いつの日か必ず・・・」という願いを胸に、大きく手を振って、笑って見送る事にしているんです、私。

だからジュンにも、そういう想いを持ち続けて欲しいし、またやって来るであろう、新しい出会いをも大切にして欲しい。

「サヨナラだけが、人生だ。」
誰かが言った言葉があるけれど、私はそうは思わない。
「”出会い”がなければ、”サヨナラ”もない」のが人生でしょ?

ジュンのこれからの人生、沢山の別れを経験するだろうけれど、その別れの分だけの、素晴らしい出会いも経験するはず。だからこそ、その出会いを大切に、人と真摯に向き合える人間になって欲しい。

・・・彼の寝顔を見つめながら、ふと、そんな想いが胸に過ぎった私でした。


スポンサーサイト

「HAPPY BIRTHDAY ! 」の巻

    jun-birthday7.gif
    *ろうそくの火を吹き消すジュン。今年のケーキは、彼の大好きなチーズケーキ!

皆様、ご無沙汰しております。

近頃、パソコンの不調と自身の多忙さを言い訳に、菅家旅館 ボストン本店のブログ更新をさぼっておりました、私。なんだかね、キーボードに向かわない日が何日か続くと、それが当たり前になっちゃうから、いけませんねぇ(^^;)

まあ、今後はもう少しペースを上げて・・・って事は無理なんやけど(もうすでに、ネタ切れの感が!?)、少しでも多くのお客様方に当旅館へお越しいただけるよう、努力致す所存でありますです、ハイ。
 

という事で、久々に更新いたします本日のお題は、”誕生日”。
この5月、当旅館の従業員、あるいは惣領の甚六・・・じゃなかった!跡取り息子のジュンが、7歳の誕生日を迎えました。

この歳になるまで、従業員達の”誕生日会”なる物を開いた事のなかった私ども。
今回は、ジュンが区切りの良い”7歳”を迎えるにあたって、大風呂敷を広げたつもりで、当旅館の裏庭にて、パーティなんかを開いてしまいました。

   jun-birthday7-2.gif
*ナゲットやポテサラ、ソーセージのトマト・ペンネなんていう、お子様メニューをどっさり。

参加を予定していたクラスメイトが姿を見せなかったり、先生がお風邪で参加できなかったりと、何かとバタバタした感はあったのですが、それでも、当旅館一同を合わせて、子供14名、大人10名の総勢24名。
普段、こじんまりと小さく小さく営んでいる菅家にしては、本当にでっかいパーティになってしまいました。


いえね。
「本当にこんなにでっかい事をするのは、これが最初で最後。いい区切りでないかいなぁ。」なんて事を主人と話しながら、今回の企画を進めたんですよ。

ジュンも7歳。ボストンの夏を過ごすのも、今年が最後。

今まで、できる限り慎ましやかに過ごして来て、それでも親子共々、良い環境を得て、良い方々とお知り合いになれて、様々な経験を積む機会を与えられて・・・。
こうなってしまえば、この絶好の機会に「えいっ!」とばかりに、皆様方と過ごすのもよいのではないかと・・・。


実はね、この企画の発案は、主人から。
最初は、「なっ、なんて大変な事を!?」な~んて思っていた私ではありましたが、今となっては、ジュンにとってはもちろんの事、菅家一同にとっても本当に楽しい、思い出深いパーティとなりました。
だからね、言いだしっぺの主人に、小さく感謝。

そして、パーティに参加して下さった方々、日頃から菅家一同を暖かく見守っていて下さる方々にも大きく感謝。皆様方があってこそ、この地に居られ、そして、このようなパーティをも開く事ができました。

そんな想いを胸に、菅家一同、このボストンでの最後の夏を、精一杯、余す所なく、力の限り!?楽しもうと思っております。

それでは、また。



~ SPECIAL THANKS ~

★ kazbonさま・・・買出しのお手伝いとシャーベットの差し入れ、ありがとう!
★ Rさま&Mさま・・・飲み物の差し入れから最後のお片付けまで、ありがとう!
★ Seraphine&N
oel・・・セッティングのお手伝いと、沢山のイスを貸していただきました!
★ Mr.&Mrs.K・・・最後まで、お片付けを手伝っていただきました!
★ Mr.M・・・話下手な!?菅家夫婦に代わって、ホスト役を務めていただきました!



「GO ! RED SOX !」の巻

       red-sox.gif

皆様、こんばんは。

実は近頃、あまり調子の芳しくない私のPC。
キーボードにね、ちょっとイカれちゃった箇所があるのですよ。そのせいで、こうして日々の生活を記するのにも、気が重くなる訳でして・・・。
ですから、本日もPCさんのご機嫌が悪くならない内に、さっさと記事を書いてしまいたいと思います。


という事で、上の写真。
先日、主人の知人の方からチケットを頂き、菅家一同、嬉々として出向いた先は、ボストン・レッドソックスの本拠地、フェンウェイ・パーク。そちらの球場での応援風景を、カメラに納めた物でございます。

生憎、私達が観戦した日(5/15)は、7-2で、デトロイト・タイガースに負けてしまったのですが、美しい緑の芝と、リアルなプレーを見る事ができ、とても満足した私ども。

前日の試合では、同じタイガース(って、阪神やないのよ。ジュン・・・。)相手に、松坂大輔投手が初完投、5勝目をあげたため、地元の方だけでなく、日本の方々も大いに沸いたらしいのですが、まあ、それはそれ。

だってね、私達の御贔屓は、レッドソックスの巨砲!?Ortiz選手。大きな体躯とおヒゲが、何とも素敵・・・。そうそう、ジュンが着ているユニフォームを購入する際も、全員一致で即決した位です。

ちなみに、ミィが着ている背番号33、Varitek選手はキャッチャー。前日、松坂投手とバッテリーを組んでいたため、この日の試合には登場しませんでしたが、ミィ曰く、なかなかハンサムな彼の人気も、結構高いようです。


・・・でもね、こうして球場に足を運ぶと思い出すのです。自分の若かりし日の事。

その当時、ピチピチ(死語の世界!?)の女子大生だった私は、地元球団であったオリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バファローズ)のファンクラブなんぞに入会しては、タダなのをいい事に、しょっちゅう観戦しに行っておりました。

その頃のお気に入りは、藤井康雄選手(現オリックス・バファローズ、スカウト)。落ち着いたところが、大人っぽくて(オヤジ好みだったから!?)好きだったのよ・・・。
そういや、オリックスに入団当初のイチローは”鈴木”って名乗ってたし、現セントルイス・カージナルスの田口壮も、結構いい線いってたわ。
神戸・三ノ宮の某ケーキ店、喫茶コーナーに2人して出入りしてるって、噂になった事もあったわね・・・。


おっと!すみません。
頭が一瞬、遠くへ飛んでっちゃってました。

話を戻しまして・・・、TVで見る試合もいいけれど、球場で見る生の試合って、普段より楽しく感じられるから不思議。
応援の仕方や雰囲気は、日本の物とはどことなく違うけれど、そこにいる皆が、選手達の勝負を食い入るように見つめ、それに合わせて一緒に、一喜一憂できるから面白いのかしら・・・。

とにかく、今回はレッドソックスが負けてしまったものの、菅家一同の中では、十分に思い出に残る試合でございました。

では、また。



「動物お断り!?」

   

皆様、こんばんは。


前から「やる!やる!」とは思っていたけれど、とうとう本格的にやられちゃいました。

えっ、「何がどうしたって?」ですって・・・。
リスにね、食べられちゃったんです、水栽培していた球根を。

あんまり美味しくなかったのか、半分かじっただけでお残しするわ、辺りは散らかし放題だわ。
おんなじ食べるんだったら、最後まで残さず食べろっちゅうねん!

・・・って、それ以前にウチの旅館、人間専用なんですが。
リスさん専用のレストランは、併設していないんですが。


いやね。
以前にも、リスが屋内に侵入して来たりだとか、屋根裏に住み着いたりだとか、バード・フィーダーの餌を全部食べちゃったりだとか、思えばいろいろありましたよ。

でもねぇ、従業員達が(正確には、私が)毎日毎日、水やりをしながら、
「今日は芽が伸びたかな?大きくなったかな?」
なんて、朝昼晩と日に3回、裏返して根っこを引っ張ったり、触りまくったりしながら、可愛がっていた球根ちゃん。

愛情・・・というより、大切な、私達共通の興味の対象だっただけに、めちゃくちゃ落胆してます。
帰って来てぇ~!私の球根ちゃ~ん!!!


ええと。
本来、動物好きの私ではあるけれど、この場で宣言。
誠に勝手ながら、今後一切、野生動物さんのご来館はお断りいたします。

あっ、動物似の方は、OKだから。

トド似の主人と、アヒル似の私(フォアグラたんまり!?)。
モモンガ似のジュンと、お豆似のミィ(これは動物やないわね)。

菅家一同、皆様のご来館を、心よりお待ち申し上げておりますよ!



「記念すべき日におよばれ」の巻

        first-communion1.gif
       *彼らの通うカトリック教会にて。(私、留守役なんで、この写真はおとっつぁんの撮影です。)

皆様、こんばんは。
今晩のお話は、菅家旅館 旧館にも登場した我が友人、セラフィナ一家についてです。(カラーの文字をクリックすると、以前の記事をご覧いただけます。)


・・・それは、つい1週間程前のある日の事。
普段はめったに鳴る事のない、私の携帯電話のベルが突然鳴りました。電話の向こうからは、「Hi, Naoko ! How are you ?」と、いきなり名乗りもしないで、親しげに話しかけて来る、聞き覚えのある声。

そう。それは、こちらに来てからできた、私の最初の友人セラフィナの声でした。
「元気にしてる?」「子供達はどう?」などなど、一通りの挨拶と近況報告をしあった後、彼女が言いました。
「今度の土曜、私の娘達の”ファースト・コミュ二オン”なのよ。だから、ナオコも子供達と一緒に、そのパーティに来ない?」

その時は、「ああ、パーティだったら行く!行く!」というような、ほんの軽いノリで返事を返した私。”ファースト・コミュ二オン”の何たるかも、全く気にとめず、「久しぶりに、あの家族と過ごすのも、楽しいだろうなぁ」なんて、なんとな~く思っていただけだったのでした。


そして、そのパーティ当日。
彼女からの、朝一番の電話で起こされた私は(なっ、なんと、朝の6時内。普段の休日だったら、まだ、夢の中です。)、予定していたのよりも1時間半も早い、9時30分におとっつぁん(セラフィナのご主人の事。当旅館では、皆、彼の事をなぜかこう呼んでいます。)の車に乗せられ、彼らの家へと向かいました。

いやね、久しぶりに会った、彼らの娘達の元気な事。
「待ってました!」とばかりに、玄関先に飛び出して来たのは、次女のムギシャと三女のマホロ。
当旅館の従業員、ジュンとミィが車から降り立つや否や、駆け寄って来て、同じ様な年齢にも関わらず、彼らを抱き上げようとします。
そんな様子を、少し離れた場所から眺める長女ソラジェも、ニコニコと嬉しそう。数ヶ月見ない内にスラリとして、何だか以前より大人びた感じを受けました。

でもね、驚いた事に、3人とも真っ白なドレスに身をつつみ、まるで、どこかの国のプリンセスのような格好をしているのです。

「今日は、何の記念日なの?」
問いかけた私に、「今日は、ソラジェとムギシャの、ファースト・コミュ二オンだからね。」と答えつつ、4人姉妹の母セラフィナが登場。腕の中には、昨年9月に生まれた末っ子、グラディスが抱かれています。
「だから、今から教会に行って来るわ。ナオコ、その間にお料理と準備をお願いね!」

   first-communion2.gif
*皆揃って、「ハイ!チーズ」のはずが・・・。以前も会った、コンゴの子供達も一緒に。

かくして、彼らが教会へ行っている間に、机の上を整え、すでに用意されていた料理やスナックを皿に盛り付け、留守居役の如く、過ごしていた私。けれどね、その”ファースト・コミュ二オン”って物が何なのか、実は、未だ理解できないでいたのですよ。

「カトリック教会で行われる、子供のための儀式って何だったっけ???」
日本語で言われれば、漠然とではあるけれど、きっと分かったはず。でもね、英語で言われてもねぇ・・・。

どれほど重要な儀式なのか分からないまま、それを祝うためのパーティに参加するってのも、何だか、おかしな話ですよね。そこで、用事を済ませた私は、最後の切り札!?、我が主人に電話を掛けました。

一通りの状況を話した私に、主人の一言。
「それって、初めて、聖体拝領するって事なんじゃないの?」

はは~ん、なるほど。そういう事だったのか!
そう言われたら、理解できるわ。以前、カトリック教会に足を踏み入れた時にも、何のための儀式か、教えてもらったな・・・。


こうして、”ファースト・コミュ二オン(First Communion)”の何たるかを、改めて認識できた訳なのですが、多分、多くの方が私と同じくして、そう言われてもピンと来ないはず!?そこで、簡単な説明をしてみる事にいたします。

                ★ ”Communion” について ★

日本では”聖体拝領”、こちらのプロテスタント教会では、”ユーカリスト”と呼ばれている事も。

イエスが、弟子達と共にとった最後の食事、”最後の晩餐”の際、弟子達にぶどう酒とパンを分け与えられながら、「このパンは、あなた方に与える私の体。」「このワインは、神があなた方を救って下さるという、新しい契約を保障する物。つまり、あなた方の魂を救うために、私が流す血の代わり。」とおっしゃった事から、薄っぺらい無酵母のパン”hostia”を聖体・・・イエスの体、ぶどう酒をイエスの血として授かる儀式。
こうして、パンとぶどう酒をイエスの肉体として授けられる事により、イエスを通して、信者が聖なる者・・・神と交わる事を意味する。

また、カトリックにおいては、この儀式がミサの中心となり、神父は、パンをイエスの体、ぶどう酒を血に変える・・・聖変化(せいへんげ)させる力を持っているとされる。
初めての聖体拝領”First Communion"は、8歳前後の年齢で行われるらしい。

   

1時間ほど後、とても興奮した様子で帰って来た、本日の主役ソラジェとムギシャ。そんな彼らに初めて、大人と同じように儀式に参加した、その感想を聞いてみる私。

「初めてのコミ二オンは、とてもハッピーだったわ。」
「私達、子供だから、ワインは貰えないの。神父さんは、飲んでたけれどね。」
「パンはね、薄くて、丸くて、クラッカーみたいだったわ。でも、味は本当のパンみたい。」

こう、嬉々として話してくれたソラジェ。そして、そんなソラジェを見守るセラフィナもおとっつぁんも、いつもよりどことなく幸せそうに見えました。

   first-communion-food.gif
*パーティのために用意された料理の数々。今まで、食べたことのない食材を使った品も。

大切な儀式を終えた後は、皆が、お待ちかねのパーティです。
その日、同じ教会で、同じように”ファースト・コミュニオン”を済ませた子供達、その家族2組、セラフィナ一家の友人達も、一緒に参加しました。

セラフィナ一家はルワンダから、後の家族もコンゴ、ウガンダからと、アフリカンな料理が並ぶテーブルの上。
特にめずらしかったのは、”カサバ”と呼ばれる植物の葉っぱをパームオイルで炒め、ピーナッツバター、ビーフを加えて煮込んだ料理(写真・中央)と、その根っこにあたる、”カサバ芋”と豆(種類は不明)を蒸したような料理です。

カサバ芋からは、良質のでんぷんが採取され、タピオカの原料にもなるらしいのですが、芋自体には甘みがあって、まるで、さつま芋のようなお味。
また、カサバの葉をビーフと共に煮込んだ料理は、スパイス抜きの、インドのほうれん草カリーのよう。思ったよりも苦味はなく、加えられたピーナッツバターのコクと、その風味がほのかに感じられ、白いお米にもマッチします。

そうそう。多少、獣臭さが気になったけれど、骨付きのゴート(ヤギ)の肉をオーブンで焼いた物もありましたよ。


そんなこんなでこの日一日、セラフィナとその家族、そして、その友人達と過ごした訳なのですが、彼らと一緒にいると、気付かされる事が沢山。

印象だけで物を言ってしまえば、本当につまらない、些細な事で悩んでいる自分がバカらしくなるくらい、大らかで、陽気で、優しくて、ドシンと構えている・・・。

実を言えば、セラフィナんちのおとっつぁん・・・ノエルは、彼らの国ルワンダやアフリカが大きく抱える、人権問題の専門家。
多くは語ってくれませんが、多分、母国では相当な苦労をされて来た方だろうと思います。けれど、そんな事を微塵も感じさせない明るさと、そして、強さを感じさせてくれる、彼とその妻セラフィナ。

今の私には、そんな彼らから学ぶべき事が、沢山あるような気がしています。




女将よりのご挨拶

女将  ナオコ

Author:女将 ナオコ
ボストン近郊のこの地に菅家旅館を営んで、2年たらず。
まだまだ修行中の身ですが、従業員と共に、皆様方のご来館を心よりお待ち申し上げております。
もちろん、一見さんも大歓迎ですよ!
(”菅家旅館 ボストン本店"は、HP及びこのブログの名称であり、実際には営業いたしておりません。)



従業員紹介

当旅館従業員について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



菅家旅館 ボストン本店への入り口

菅家旅館について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



主人コージの本業(副業!?)

主人 コージ本業について、お知りになりたい方は、コチラ↓をクリック。



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。